受賞情報 -Award Info

先日予約を開始した写真集”Forget-me-not”が本年度のPhotolux FestivalのPhotobook Awardでshortlistに選ばれました。

My photobook, Forget-me-not, has been selected for one of four shortlists, of the PhotoBoox Award 2017 from Photolux Festival.

PhotoBoox Award 2017

Posted in award

写真集オンライン予約受付開始 -Artist Book Online Pre-Order Availabile

*English text comes below.

2016年5月に写真家ヤン·ラッセルと後藤由美によって開催されたワークショップPHOTOBOOK AS AN OBJECTの参加者の一人、藤元敬二のアーティストブック「Forget-me-not」のオンライン販売を開始いたします。
自らも同性愛者として育った藤元は、2014年より約一年にわたりケニアに暮らしながら現地の同性愛者たちを撮影していました。本写真集は、そんな藤元がケニアやウガンダに暮らす友人たちの姿と自らの幼少期、青年期、そして現在を重ねて制作されました。光と影、朝日と闇夜の狭間で揺れる男たちの姿を、写真とこれまでに自身が描き続けてた絵、日記などとあわせて編集をしています。
尚、この本は印刷から製本までの全行程を作家自身が担い、藤元自身の誕生年である1983年に因んで83部の完全限定生産されます。また、この制作を記念しReminders Photography Strongholdでは9月9日から24日まで企画展開催と同時に刊行を予定しています。

『Forget-me-not』
真っ白なシャツに包まれた、まばゆいばかりに黒い肌の少年。将来の夢はパイロット。かつて空が好きだった男の部屋には、いつも幼少期の写真が飾られていた。
あの頃の夢は幻想となり、彼の室内には衣服が散乱している。家族や友人に偽ったゲイである自身への後ろめたさ、恋人と過ごす淡き安らぎ、そして丸裸の時に表れる自己嫌悪という感情連鎖の中に彼はいま存在している。
たぶん僕たちは似たもの同士だったのであろう。共に迷惑な人間であり、周囲の調和を乱す元凶だった。だからこそ僕たちは少数者であり、また友人になり得たのだ。
窓の外がすこしづつ深紫から青に変わっていく。また朝がやってきたのか。
「そろそろ出かける時間だから」
つぶやいた先に、彼の表情は不自然に明るくなり、負の感情を包み隠す。視線が現実世界への焦点を合わせ、体は汚れたシャツを身にまとう。
開いたドアの外の世界には、青すぎるケニアの空が広がっていた。

藤元敬二

◎冊子: 168ページ
◎写真75点+絵20点+その他のイメージ: 13点
◎言語:日英語版
◎サイズ:175 x 250mm
◎部数: 83部(受注生産)
◎写真・イメージ制作・文章・編集・印刷・作画・製本: 藤元敬二
本書は、リマインダーズ·フォトグラフィー·ストロングホールドにて2016年に開催された後藤由美氏とヤン·ラッセルによるワークショップ「PHOTOBOOK AS AN OBJECT」において、コンセプト、編集、アートディレクションを発展させて制作されました。
◎9,160円 全エディション、署名入り(送料500円)

本写真集は9月9日から24日までRPSで企画展開催と同時に刊行を予定していますので、9月に入ってから制作を開始、完成次第、発送となります。ご注文確定間もなくのお届けにはなりませんのでご注意下さい。発送に2~3ヶ月かかる場合もございますので予めご了承下さい。

ご希望の方は、ご注文時のメール件名に必ず、「Forget-me-not」注文希望とお書き下さい。
①お名前(フリガナ)
②住所(必ず〒番号を入れて下さい)③電話番号④Eメールアドレス⑤ご希望部数⑥お受け取り方法、郵送ご希望の方は明記してください。とくに何も記載がない場合は発送扱いとさせて頂きます。
以上を明記したメールをphotobook@reminders-project.orgへお送り下さい。
尚、ご注文を頂くだけではご注文完了となりません。ご注文の確定は代金のお支払い後となりますので、メールでお送りするお支払い、お振込案内をご確認の上、ご対応お願い致します。メールをお送りしてから1週間以内にお支払いの確認が出来ない場合はご予約確定とならず、自動的にキャンセルとなる事があります。予めご了承下さい。
尚、ご面倒でもお振込後にメールでご連絡頂けますと、その時点で確定の処理をさせて頂きます。よろしくお願いします。

藤元敬二 写真集「Forget-me-not」オンライン予約受け付け開始(83部限定、受注生産)

 

RPS is now ready to accept online orders of Keiji Fujimoto’s artist book, “Forget-me-not”. Fujimoto was one of participants for Photobook as an Object workshop led by Yumi Goto and Jan Russell in 2016.

From 2014 to 2015, Fujimoto had been taking photos of African gay youth their everyday lives in Kenya and Uganda. Fujimoto also grew up as a gay in Japanese society and having personal struggles especially when he was young and could not share his feeling with anybody. In this artist book, Fujimoto mixed his private photos, paintings and diaries chronologically, with those pictures he took in Africa.

Limited edition’s number, 83, stands for Fujimoto’s birth year, 1983.

Along with the publish of this book, Fujimoto opens his solo exhibition “Forget-me-not” from September 9th to 24th.

“Forget-me-not”

Old picture reflects a young boy with dazzling black skin who is covering a body with white shirt. Boy was dreaming to be a pilot someday. Man who used to love the sky was always hanging his childhood picture in a room.

He now grew up to the adult, and noticed that his childhood dream was just an illusion. One fact, in front of his eyes, was just a messy room with unwashed clothes. He was suffering with emotional chains of, feeling guilty for hiding his sexuality to the family and friends, taking pale peace with the boy friend, and denying himself when he is alone in the room.

We were quite similar in that way. Both were troublesome existences, who are breaking harmony in the society. And that is probably why we could be friends each other.

Color of the sky was changing from deep purple to blue, at the outside of window. Morning was coming again.

“I have to leave soon” he said.

He then veiled negative emotions on the face unconsciously. His eyes started focusing on the actual world. He wore a crumpled shirt, and so opened door.

Kenyan sky was already too blue, at the outside world.

Keiji Fujimoto

Book Details
168pages / Bilingual in Japanese and English
Dimensions (boxed): 250mm x 175mm, 800g
83 limited editions only(all made to order by the author)
Photographs / Text / painting / printing / Bookbinding / Slipcase making : Keiji Fujimoto
9,160 JPY (plus shipping fee)

YOU COULD PLACE YOUR ORDER CHECKING OUT THE PAYPAL, PLEASE MIND THE DESTINATION WHERE YOU WOULD LIKE THE BOOK TO BE SHIPPED.
**YOUR ORDER WILL BE PRODUCED THEN SHIPPED ONLY AFTER HIS BOOK LAUNCH AND EXHIBITION OPENING SEPTEMBER 9TH AFTERWARDS.

 

KEIJI FUJIMOTO’S ARTIST BOOK “Forget-me-not” PRE-ORDER AVAILABLE NOW.

Posted in Uncategorized

個展情報 -Exhibition Info

※English text comes below

Reminders Photography Stronghold Gallery、2017年度の企画展第三弾には藤元敬二写真展『Forget-me-not』を開催いたします。

自らも同性愛者として育った藤元は、2014年より約一年にわたりケニアに暮らしながら現地の同性愛者たちを撮影していました。本展示は、そんな藤元がケニアやウガンダに暮らす友人たちの姿と自らの幼少期、青年期、そして現在を重ねて構成されます。光と影、朝日と闇夜の狭間で揺れる男たちの姿を、写真とこれまでに自身が描き続けてた絵、日記などとあわせてご覧いただける構成になっております。

写真展の開催に合わせて83部限定の写真集『Forget-me-not』を制作販売いたします. 印刷から製本まで作家が83部全て手製する本になります。予約受付は2017年7月下旬に開始予定です。

会期: 2017年9月9日(土)~ 9月24日(日)
13:00~19:00 (会期中無休)
9月16日(土) アーティストトーク: 午後6時~ <入場無料>
会場: Reminders Photography Stronghold ギャラリー
〒131-0032 東京都墨田区東向島2-38-5
半蔵門線(曳舟駅)·浅草線(京成曳舟駅)徒歩5分
アクセスマップはこちらをご確認ください。
http://reminders-project.org/rps/map/

『Forget-me-not』

真っ白なシャツに包まれた、まばゆいばかりに黒い肌の少年。将来の夢はパイロット。かつて空が好きだった男の部屋には、いつも幼少期の写真が飾られていた。

あの頃の夢は幻想となり、彼の室内には衣服が散乱している。家族や友人に偽ったゲイである自身への後ろめたさ、恋人と過ごす淡き安らぎ、そして丸裸の時に表れる自己嫌悪という感情連鎖の中に彼はいま存在している。

たぶん僕たちは似たもの同士だったのであろう。共に迷惑な人間であり、周囲の調和を乱す元凶だった。だからこそ僕たちは少数者であり、また友人になり得たのだ。

窓の外がすこしづつ深紫から青に変わっていく。また朝がやってきたのか。

「そろそろ出かける時間だから」

つぶやいた先に、彼の表情は不自然に明るくなり、負の感情を包み隠す。視線が現実世界への焦点を合わせ、体は汚れたシャツを身にまとう。

開いたドアの外の世界には、青すぎるケニアの空が広がっていた。

藤元敬二 写真展『Forget-me-not』開催9/9〜24日まで

Reminders Photography Stronghold is organizing Keiji Fujimoto’s solo exhibition “Forget-me-not” from September 9th to 24th .

From 2014 to 2015, Fujimoto had been taking photos of ordinal African gay youth living in Kenya and Uganda. Fujimoto also grew up as a gay in Japanese society and having personal struggles especially when he was young and could not share his feeling with anybody. In this artist book, Fujimoto mixed his private photos, paintings and diaries chronologically, with those pictures he took in Africa.

Date: Sep 9 – 24th, 2017
Time: 13:00 – 19:00
Artist Talk: Sep 16th, 18:00-
Location: 2-38-5, Higashimukojima, Sumida-ku, Tokyo, Japan
5min from both, Hikifune station and Keisei Hikifune station.
map is available from <http://reminders-project.org/rps/map/>.

“Forget-me-not”
Old picture reflects a young boy with dazzling black skin who is covering a body with white shirt. Boy was dreaming to be a pilot someday. Man who used to love the sky was always hanging his childhood picture in a room.

He now grew up to the adult, and noticed that his childhood dream was just an illusion. One fact, in front of his eyes, was just a messy room with unwashed clothes. He was suffering with emotional chains of, feeling guilty for hiding his sexuality to the family and friends, taking pale peace with the boy friend, and denying himself when he is alone in the room.

We were quite similar in that way. Both were troublesome existences, who are breaking harmony in the society. And that is probably why we could be friends each other.

Color of the sky was changing from deep purple to blue, at the outside of window. Morning was coming again.
“I have to leave soon” he said.

He then veiled negative emotions on the face unconsciously. His eyes started focusing on the actual world. He wore a crumpled shirt, and so opened door.

Kenyan sky was already too blue, at the outside world.

Keiji Fujimoto photo exhibition “Forget-me-not from” 9/9-24

Posted in exhibition

イベント情報 -Event Info

【イベント出演情報】

8月20日に吉祥寺の隠れ家的イベントスペース·恋文酒場かっぱPeroでmds主催の『藤元敬二: ドキュメンタリー写真集出版記念トーク&特別展』に出演いたします。イベントでは、これまでに世界各地で撮影した写真を多数展示、さらに撮影の裏側や今回の写真集についての話などもじっくりとさせていただきます。

開催日:2017年8月20日(日)
時間:
17:30 開場
18:00 スタート
会場:恋文酒場かっぱPeRO
【東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-4 コスモス吉祥寺ビル4F】
参加料:2,000円+1ドリンクオーダー
※イベント終了後は恋文酒場かっぱPeROにてそのまま藤元敬二氏を交えた懇談の場を予定しております。
懇談の場:お一人様1,500円
(イベントにちなんだケニア料理を含む美味しいお料理がお楽しみいただけます)

ご予約方法:

https://www.mds.land/event
こちら上記ホームページより【参加申し込み】にお進みください。

info@mds.land
こちらのメールアドレスにお名前、本イベント参加の旨と懇談の場参加の有無を記入しお送りください。
※この度チケットは全て取り置きとさせていただきます。ご来場の際、受付のスタッフがお客様のお名前にて確認させていただき料金と引き換えにチケットをお渡しさせていただきます。

藤元敬二ホームページ:
http://www.keijifujimoto.net/

mdsホームページ:
https://www.mds.land/

イベントのFBページ:
https://www.facebook.com/events/1580253265359122/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2229%22%2C%22ref_notif_type%22%3A%22plan_user_joined%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&notif_t=plan_user_joined&notif_id=1501659086991629

お問い合わせ
info@mds.land
080-3594-5777
担当:飯島
主催mds

Posted in event

海外報道クラス -UM to Fukushima

5月から6月にかけてインカントリーディレクターとして同行したモンタナ大学ジャーナリズム学部·海外報道クラスのウェブサイトが完成しました。

UM to Fukushima’s website is now available. I had been traveling with students from the University of Montana, school of journalism to be working as an in-country director, for supporting students to be reporting on the great east Japan earthquake related issues.

Students worked hard during 3 weeks period of reporting, editing, and doing speech. I really appreciate to those who cooperated with us in Tokyo, Fukushima, and Miyagi. We surely could not achieve anything without their warm supports.

東日本大震災から6年の月日が経った現在の福島、宮城、そして東京に暮らす震災を経験した様々な人々の姿に学生たちが追ったものです。3週間で取材から編集作業、発表、ウェブサイト制作までの全てを終わらせるという過密スケジュールの中、学生たちはよく頑張ってくれました。

もちろん全文英語のウェブサイトですが、ビデオ、テキスト、写真など様々な角度から見つめた被災地の今が詰まった記録集となりました。よろしければ是非ごらんください。

尚、今回の取材に協力してくださいました東京、福島、宮城の皆様にはこの場を借りて改めて深謝申し上げます。皆様の助けがなければできなかったことばかりです。本当にどうもありがとうございました。

https://mtjourabroad.wixsite.com/umtofukushima

Posted in Uncategorized